So-net無料ブログ作成
検索選択

『グリークス』第三部「タウリケのイピゲネイア」では女神アテナ!?

1E0A1609小ブログ.jpg

 『グリークス』第三部ではラスト近くに、女神アテナとして登場します。

 そうなんです、これでも、女神なんです、私(笑)!

 人生で初めて、迷彩模様の服を着ました。…なぜか、私が着るとモンペ姿に見えませんか?(笑)

 金の月桂樹の冠をかぶり、ハードなサングラスをかけ、金の銃を撃ちまくる…  天界から簡単に降りてきて(笑)、金粉を自ら撒いて神々しさをアピール、ちょっとお説教じみたことを言い、格好良く去ろうとしたら、先輩演じるコロスに捕まり、退場できなくなっちゃった…まあ、なんとも人間臭い女神アテナでございました…

 撮影:岡部敏明

1E0A1610小ブログ.jpg

1E0A1625小ブログ.jpg

1E0A1624小ブログ.jpg

1E0A1684小ブログ.jpg

1E0A1685小ブログ.jpg

1E0A1631小ブログ.jpg


 

『グリークス』第二部「エレクトラ」より…

1E0A1043小ブログ.jpg

 「エレクトラ」より…これも血まみれの写真多し…でございます

 父アガメムノンを愛していた、エレクトラは、母クリュタイムメストラに憎悪しています。  父亡きあと、愛人と共に暮らしている母とは到底うまくいかず、関係はこじれるばかり…  お互い気が強くて一歩も譲らない二人…仲は悪くても性質はそっくり…(笑)  母の愛人アイギストスが国王になった時、前王アガメムノンの息子で跡取りのオレステスを逃したエレクトラ。その弟オレステスが成人して帰ってきます。姉弟は父の仇を打つため、実の母クリュタイムメストラの殺害を実行します。

 実の子供に殺されるなんて、悲劇です!母は、命乞いをしますが、それも叶わず、最後は「復讐の女神がお前にとりついて苦しめるだろう!」と刃を向けた息子に呪いをかけます。
 
 …でも、一度も誰にも謝らないのよ、クリュタイムメストラさん、「ごめんなさい、許して」って言えれば、運命も少しは変わっていたのではないかしらん…

 撮影:岡部敏明

1E0A0777小ブログ.jpg

1E0A0796小ブログ..jpg

1E0A0827小ブログ..jpg

1E0A0777小ネットブログ.jpg

1E0A1013小ブログ.jpg

1E0A1016小ブログ.jpg

1E0A1048小ブログ..jpg

 死体役初体験!!(笑)

1E0A1095ブライト小ブログ.jpg

『グリークス』舞台写真 第二部「アガメムノン」より

1E0A0637小ブログ.jpg

 『グリークス』第二部のタイトルは「殺人」! 「ヘカベ」「アガメムノン」「エレクトラ」、どれもこれもみ~んな、文字通り殺人がテーマの舞台でございます。血のりだらけのまさに、「血祭り舞台」!?(笑)

1E0A0600小ブログ.jpg

 わたくし、クリュタイムメストラは、第一部で、愛する娘を夫に戦勝祈願のために生け贄にされたことを、ど~しても許せず、第二部「アガメムノン」でトロイアから凱旋した夫を、殺害してしまいます!娘のことだけでなく、浮気しまくった挙句、帰還時に、愛妾カサンドラをまるで正妻のように扱って、その場にいた妻や民衆たちに見せつけたことも、クリュタイムメストラの逆鱗に触れてしまいました…ああ、男って…ホントにバカ…!

 そして、第二部「エレクトラ」では、父アガメムノンを愛していた娘のエレクトラと息子のオレステスに恨まれ、父の仇として、殺されてしましまうのでした。

 夫を殺す妻と、母を手にかける子どもたち…愛はどこにいってしまったの…

 撮影:岡部敏明

1E0A0605小ブログ.jpg

1E0A0611小ブログ.jpg

1E0A0624小ブログ.jpg

1E0A0613小ブログ.jpg

1E0A0684小ブログ.jpg

1E0A0700小ブログ.jpg

『グリークス』の舞台写真、公開しま~す!まずは…

1E0A0333 小ブログ.jpg

 『グリークス』の舞台写真の一部をゲットしましたので、公開させていただきます! 

 まずは、第一部「アウリスのイピゲネイア」から…

 夫アガメムノンに呼ばれ、ギリシャ軍の船団が待機中のアウリスにやってきた、クリュタイムメストラと娘のイピゲネイア。父から、名高い英雄アキレウスとの婚礼を挙げよとの命令に心弾ませるイピゲネイアだったが、実は、残酷な女神アルテミスに戦勝祈願の生け贄として捧げられるために呼び寄せられたことを知り、愕然とする。母、クリュタイムメストラは半狂乱になり、夫アガメムノンに抗議し、娘の助命を嘆願するが聞き入れられず、娘は生け贄にされてしまう。

 なんとも残酷で恐ろしくて、そして悲しすぎるお話でございます…

 ちなみに右頬の白いペイントは、この舞台では、ギリシャ人のマーク!という設定でした。王侯貴族は少なめです。トロイア人の方々はお顔に黒のペイントしてましたよ。

 撮影:岡部敏明
 
1E0A0868小ブログ.jpg

1E0A0607 小ブログ.jpg

1E0A0625ブログ.jpg

1E0A0766小ブログ.jpg

1E0A0892小ブログ.jpg