So-net無料ブログ作成
検索選択

『グリークス』第三部「タウリケのイピゲネイア」では女神アテナ!?

1E0A1609小ブログ.jpg

 『グリークス』第三部ではラスト近くに、女神アテナとして登場します。

 そうなんです、これでも、女神なんです、私(笑)!

 人生で初めて、迷彩模様の服を着ました。…なぜか、私が着るとモンペ姿に見えませんか?(笑)

 金の月桂樹の冠をかぶり、ハードなサングラスをかけ、金の銃を撃ちまくる…  天界から簡単に降りてきて(笑)、金粉を自ら撒いて神々しさをアピール、ちょっとお説教じみたことを言い、格好良く去ろうとしたら、先輩演じるコロスに捕まり、退場できなくなっちゃった…まあ、なんとも人間臭い女神アテナでございました…

 撮影:岡部敏明

1E0A1610小ブログ.jpg

1E0A1625小ブログ.jpg

1E0A1624小ブログ.jpg

1E0A1684小ブログ.jpg

1E0A1685小ブログ.jpg

1E0A1631小ブログ.jpg


 

『グリークス』第二部「エレクトラ」より…

1E0A1043小ブログ.jpg

 「エレクトラ」より…これも血まみれの写真多し…でございます

 父アガメムノンを愛していた、エレクトラは、母クリュタイムメストラに憎悪しています。  父亡きあと、愛人と共に暮らしている母とは到底うまくいかず、関係はこじれるばかり…  お互い気が強くて一歩も譲らない二人…仲は悪くても性質はそっくり…(笑)  母の愛人アイギストスが国王になった時、前王アガメムノンの息子で跡取りのオレステスを逃したエレクトラ。その弟オレステスが成人して帰ってきます。姉弟は父の仇を打つため、実の母クリュタイムメストラの殺害を実行します。

 実の子供に殺されるなんて、悲劇です!母は、命乞いをしますが、それも叶わず、最後は「復讐の女神がお前にとりついて苦しめるだろう!」と刃を向けた息子に呪いをかけます。
 
 …でも、一度も誰にも謝らないのよ、クリュタイムメストラさん、「ごめんなさい、許して」って言えれば、運命も少しは変わっていたのではないかしらん…

 撮影:岡部敏明

1E0A0777小ブログ.jpg

1E0A0796小ブログ..jpg

1E0A0827小ブログ..jpg

1E0A0777小ネットブログ.jpg

1E0A1013小ブログ.jpg

1E0A1016小ブログ.jpg

1E0A1048小ブログ..jpg

 死体役初体験!!(笑)

1E0A1095ブライト小ブログ.jpg

『グリークス』舞台写真 第二部「アガメムノン」より

1E0A0637小ブログ.jpg

 『グリークス』第二部のタイトルは「殺人」! 「ヘカベ」「アガメムノン」「エレクトラ」、どれもこれもみ~んな、文字通り殺人がテーマの舞台でございます。血のりだらけのまさに、「血祭り舞台」!?(笑)

1E0A0600小ブログ.jpg

 わたくし、クリュタイムメストラは、第一部で、愛する娘を夫に戦勝祈願のために生け贄にされたことを、ど~しても許せず、第二部「アガメムノン」でトロイアから凱旋した夫を、殺害してしまいます!娘のことだけでなく、浮気しまくった挙句、帰還時に、愛妾カサンドラをまるで正妻のように扱って、その場にいた妻や民衆たちに見せつけたことも、クリュタイムメストラの逆鱗に触れてしまいました…ああ、男って…ホントにバカ…!

 そして、第二部「エレクトラ」では、父アガメムノンを愛していた娘のエレクトラと息子のオレステスに恨まれ、父の仇として、殺されてしましまうのでした。

 夫を殺す妻と、母を手にかける子どもたち…愛はどこにいってしまったの…

 撮影:岡部敏明

1E0A0605小ブログ.jpg

1E0A0611小ブログ.jpg

1E0A0624小ブログ.jpg

1E0A0613小ブログ.jpg

1E0A0684小ブログ.jpg

1E0A0700小ブログ.jpg

『グリークス』の舞台写真、公開しま~す!まずは…

1E0A0333 小ブログ.jpg

 『グリークス』の舞台写真の一部をゲットしましたので、公開させていただきます! 

 まずは、第一部「アウリスのイピゲネイア」から…

 夫アガメムノンに呼ばれ、ギリシャ軍の船団が待機中のアウリスにやってきた、クリュタイムメストラと娘のイピゲネイア。父から、名高い英雄アキレウスとの婚礼を挙げよとの命令に心弾ませるイピゲネイアだったが、実は、残酷な女神アルテミスに戦勝祈願の生け贄として捧げられるために呼び寄せられたことを知り、愕然とする。母、クリュタイムメストラは半狂乱になり、夫アガメムノンに抗議し、娘の助命を嘆願するが聞き入れられず、娘は生け贄にされてしまう。

 なんとも残酷で恐ろしくて、そして悲しすぎるお話でございます…

 ちなみに右頬の白いペイントは、この舞台では、ギリシャ人のマーク!という設定でした。王侯貴族は少なめです。トロイア人の方々はお顔に黒のペイントしてましたよ。

 撮影:岡部敏明
 
1E0A0868小ブログ.jpg

1E0A0607 小ブログ.jpg

1E0A0625ブログ.jpg

1E0A0766小ブログ.jpg

1E0A0892小ブログ.jpg


ネットで「フィガロの結婚」お申込みできるようになりました♪

 演劇×オペラ「フィガロの結婚」詳細は、こちらからご覧いただけます。またチケットの予約サイトもあり、すぐに御予約いただけます。

 http://wakaiensouka-project.com/

 予約サイトからご予約いただく際は、【備考欄】に「服部幸子扱い」とご記入くださいませ。

 ※「若い演奏家のためのプロジェクト」下の方に「フィガロの結婚」の公演内容と、チケット予約サイトのボタンがあります。

  どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

次回公演は…「フィガロの結婚」!!

フィガロ表 10ブログ.jpg

 昴のザ・サード・ステージ公演「グリークス」を終えてから早10日が経ちました…「グリークス」にご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 なかなかハードな公演でしたので、ゆっくり休みをとってゴロゴロ…という訳にもいかず、実はあれから、すぐに次の舞台のお稽古に入っております!(笑)

 なんと!「フィガロの結婚」でございます。

 あまりにも有名なモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」ですが、この作品を、オペラ歌手の方々と、俳優たちが共演してお届け致します。オペラ歌手の方々が素晴らしいアリアや、合唱を歌いあげてくださいます。イタリア語のオペラですが、芝居のパートは日本語で私たち俳優が演じます。

 例えば、伯爵夫人ロジーナ役を、ソプラノの石上朋美さんと、私の二人一役で演じるというスタイルです。
 
 この、「演劇×オペラ」シリーズは、今回が初めてでなく、笈沼甲子さん主催の、「若い演奏家のためのプロジェクト」公演で、過去には「マクベス」も上演されており、大変好評でチケットがすぐに完売になりました。

 私はこの企画初参加ですが、この「演劇×オペラ」シリーズを拝見したことがあります。日本語で芝居が行われるのと並行して、音楽と歌が入ってきて、とにかくわかりやすいですし、またオペラの方々の歌の迫力に圧倒されました!オペラ公演はチケットが高額で敷居が高いというイメージですが、「演劇×オペラ」は比較的お求めやすい金額で、オペラもお芝居もお楽しみいただける、素敵な公演だと思います(^^♪

 ●9月14日(水)18時30分開演、15日(木)13時開演のみの公演です。

 ●場所は、渋谷区 文化総合センター大和田 伝承ホール

 ●料金は4,900円(学生3,500円)全席自由席

 ご興味ございましたら、ぜひ観にいらしてくださいませm(__)m

フィガロ 裏10burogu.jpg

「グリークス」楽屋写真!

アガメムノン1ブログ.jpg

アウリス1ブログ.jpg

アテナ7 ブログ.jpg

アテナ6 ブログ.jpg

 「グリークス」の千秋楽では、みんな準備で忙しい中、記念写真を撮っていました。私は、血のりの片付けや、衣装の解体、メーク替えで手間取ってしまい、楽日は写真撮れず…  狭い楽屋で、隙を狙って撮った楽屋写真が見つかりました。確か初日辺りに撮影したものです…  第一部の「アウリス」第二部の「アガメムノン」、第三部の「タウリケのイピゲネイア」の写真。「エレクトラ」は早替えでそんな余裕は全く無しでございました…  今となっては、懐かしい…!

アテナ5ブログ.jpg

アテナ3ブログ.jpg


「グリークス」無事千秋楽を迎えましたm(__)m

集合写真 楽日 ブログ用.jpg


 お蔭さまで劇団昴 ザ・サード・ステージ公演「グリークス」が無事終了しました。

 ご来場いただきましたお客様には心から感謝申し上げます。本当に有難うございましたm(__)m 千秋楽の休憩時間に、舞台上でキャスト全員で集合写真をパチリ!すごい人数か出ていたのね~(笑)

 昨日は、舞台のバラシ、残務処理等で、帰宅したらそのまま気絶するように爆睡してしまいました。

 本日は朝から、大洗濯大会と、メーク道具のメンテナンス、持ち帰った衣装の整理、そして荒れ放題の部屋の掃除です。まだまだ終わりません…嗚呼!

 そしてこの、世にも恐ろしい「血まみれ衣装」(笑)。
 向かって右のフリルブラウスは、「アガメムノン」で夫殺害直後に着用していたもの。左は「エレクトラ」で子どもたちに殺害されるときに着用していた、ドレープ仕様のノースリーブのカットソー。
 プロの方が施してくださった血糊が見事です。
 本当は破棄する予定でしたが、私が演じさせてもらったクリュタイムメストラの大事な相棒…棄てられなくなっちゃいました…!

 さすがに洗濯は難しいので、ファブリースをかけまくり、炎天下の猛暑の中、殺菌を兼ねて、外で干しました(笑)
 さて、どこにしまいましょうか…怨念が蘇りそうな衣裳を(笑)

血まみれ衣装 血のり ブログ用.jpg