So-net無料ブログ作成
検索選択

「GREEKS」稽古場より…

アガメムノン一家 小.jpg

 「GREEKS」の稽古も山場に…!
 
 先日、衣装、メーク付で前作品、通し稽古を行いました。衣装を身に纏い、メークで表情をキリリと作っていくと、なんだかゾクゾクしちゃいます!
 この写真は、幸せ一杯のアガメムノン一家。アガメムノンの石田博英さん、長女イピゲネイアの落合るみさん、アガメムノンの妻クリュタイムメストラのわたくし。稽古直後に撮ってもらった写真ですが、偶然、皆、白のTシャツ姿!
 
 この家族を凄まじい嵐が襲いかかりますよ~!
 皆様、どうぞお楽しみに!

「GREEKS(グリークス)」ご観劇の手引き・・・




 「GREEKS」をより楽しくご観劇いただくために…(^^♪

 今回は「GREEKS(グリークス)」というタイトルの、三部作という大作です!古代ギリシャ劇のクライマックスを集め、大河ドラマのような構成になっております。
 ギリシャ劇とはいえ、衣装や小道具は近代的なスタイルにアレンジし、台詞もユーモアがたっぷり織り込まれていますので、TVドラマのようにお気軽にご覧いただけると思いますよ。

 「グリークス」にはギリシャ神話で有名な神々や、アキレウスなどの英雄、王侯貴族、市民、奴隷など、様々な階層の人々が登場します。私は、第一部~第二部は「ギリシャ王妃のクリュタイムメストラ」として、第三部は「オリンポス12神の一人、知恵と戦いの女神アテナ」として出演します!今回は、王妃に女神!劇団の在籍も長くなり、20年前のデビューは「乞食女」でしたので、あらま~、えらく出世したものです(笑)。

 第一部~第三部まで全部ご覧いただけますと、ものすご~く嬉しいですが、それはさすがに大変だと思います(汗)。そこで、第一部~第三部における、≪服部出演シーンの見どころ&お薦め≫をご紹介したいと思いますm(__)m


 【GREEKSご観劇の手引き】  この三部作は、単独でどの作品をご覧いただいても楽しめるように構成されています。

●第一部「戦争」
 トロイアへ向けて出航したギリシャ軍は、女神アルテミスの力によってアウリスに足止めされていた。女神は総大将アガメムノンの長女イピゲネイアを生贄に捧げることを要求。妻クリュタイムメストラ(服部)の必死の嘆願も振り切りその要求に応えようとするアガメムノン。イピゲネイア本人も遂には軍のために犠牲になることを決意する。

●第二部「殺人」
 アガメムノンが10年ぶりに帰還するが、かつて長女を生贄に殺された復讐として、風呂場で、クリュタイムメストラ(服部)に殺害される。
 夫殺害から7年、クリュタイムメストラ(服部)は、愛人アイギストスと暮らし、父を愛していた次女エレクトラは孤独と母への憎しみを募らせていた。そこにポーキスへ逃れていた長男オレステスが成長して帰ってくる。姉エレクトラと弟オレステスは手を組んで、母(服部)とその愛人を殺し、父の復讐を果たす。

●第三部「神々」
 アウリスで生贄にされたはずのイピゲネイアは、実は女神アルテミスに救われてタウリケで巫女になっていた。そこへ偶然訪れたオレステス。再会した姉弟は、女神アテナ(服部)の助けを得て逃亡し、自由の身となる。一族への呪いはついに終わり、人々は平和を喜び合う。

★第一部~第三部のあらすじはWikipediaを参照しました

★3本のうち、どれか1つをお薦めするとなると…というか個人的にぜひ、ご覧いただきたいのは、第二部の「殺人」でしょうか。実の子供たちによる、母殺しのシーンでは、けれん味たっぷりに楽しく殺されますので(笑)、どうぞご安心下さいね。 

 長いご案内文になってしまい恐縮です。三部作ということで、ついつい力が入ってしまいました! ぜひぜひ、ご覧いただきたく思いますので、ご都合がつくようでしたら…観にいらしてくださいね。
 
 実は、稽古場兼劇場の、「Pit 昴」は地下にあり、服部幸子の携帯、電波良くないのです。すみません!ご予約は、グリークス専用チケットコール080-3398-8917が一番確実です。その際、必ず、「服部扱いで」と一言添えてくださいませ。また、公演本番中は、朝から劇場入りし、夜までほぼ、電話がとれないのです。急なキャンセルなどは、必ず、チケットコールまでご連絡下さい。宜しくお願い致しますm(__)m  皆様のご来場を心よりお待ちしておりますm(__)m

「GREEKS」(グリークス)、お稽古は山場に!

「グリークス」女性チラシ 小.jpg

 大変永らく、ブログを更新しておりませんでしたが、おゆきさんは元気元気でございます!
 4月からお稽古がスタートしていました、なんと7時間以上の大作、三部作「GREEKS(グリークス)」の初日が近づいてまいりました。既に沢山の方々からご予約をいただいておりますが、お蔭様で売り切れの日も出て参りました。ぜひ、皆様にご覧いただきたい作品です。ご予約はどうぞお早めに…。
 まずは、グリークスの詳細を…↓

■劇団昴ザ・サード・ステージ第34回公演■ 『グリークス』

 作=ジョン・バートン
 訳=吉田美枝
 演出=上村聡史(文学座)

 ◎スタッフ
 美術・衣裳=乘峯雅寛 照明=宮永綾佳 音響=藤平美保子
 舞台監督=加賀谷崇文他 宣伝美術=福永星 制作=劇団昴ザ・サード・ステージ

 ◎公演日時
 2016年7月22日(金)~8月7日(日)

●7月22日(金)・・・19時 第一部「戦争」
●7月23日(土)・・・14時 第二部「殺人」
●7月24日(日)・・・14時 第三部「神々」
●7月25日(月)・・・休演日
●7月26日(火)・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日
●7月27日(水)・・・14時 第一部「戦争」 終演後に、演出家、出演者を交えたポストショートーク有り
●7月28日(木)・・・19時 第二部「殺人」
●7月29日(金)・・・14時 第三部「神々」
●7月30日(土)・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日
●7月31日(日)・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日
●8月1日(月) ・・・休演日
●8月2日(火) ・・・19時 第一部「戦争」
●8月3日(水) ・・・14時 第二部「殺人」
●8月4日(木) ・・・19時 第三部「神々」
●8月5日(金) ・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日
●8月6日(土) ・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日
●8月7日(日) ・・・12時 第一部「戦争」、15時30分 第二部「殺人」、19時 第三部 「神々」※通しチケット利用可能日

◎入場料金(全席自由席)
●各公演
一般=3,500円、U24(24歳以下の方)=3,000円※ご来場の際に年齢の証明できるものをご持参下さい。

●通しチケット・・・同日観劇限定、2~3部の座席優先キープ得点付き=9,500円

●チケット予約
≪グリークス専用チケットコール≫ 080-3398-8917(平日10時~18時)
お電話にすぐに出られない場合もございます。必ず折返しおかけいたしますので、
留守番電話にメッセージを残してください。

 公演日程が長く、三部作ですので、スケジュールも複雑です。ご確認くださいませね。「通しチケット」扱いは、同じ日に、連続三本観ていただける方のみ対象となります。別の日に、第一部~第三部をご覧いただく場合は、単独公演料金になります、ご注意下さいm(__)m

 まずは、公演スケジュールの詳細でした♪

「グリークス」チラシ裏 小.jpg

「グリークス」彫像チラシ 小.jpg