So-net無料ブログ作成
検索選択

「GREEKS(グリークス)」ご観劇の手引き・・・




 「GREEKS」をより楽しくご観劇いただくために…(^^♪

 今回は「GREEKS(グリークス)」というタイトルの、三部作という大作です!古代ギリシャ劇のクライマックスを集め、大河ドラマのような構成になっております。
 ギリシャ劇とはいえ、衣装や小道具は近代的なスタイルにアレンジし、台詞もユーモアがたっぷり織り込まれていますので、TVドラマのようにお気軽にご覧いただけると思いますよ。

 「グリークス」にはギリシャ神話で有名な神々や、アキレウスなどの英雄、王侯貴族、市民、奴隷など、様々な階層の人々が登場します。私は、第一部~第二部は「ギリシャ王妃のクリュタイムメストラ」として、第三部は「オリンポス12神の一人、知恵と戦いの女神アテナ」として出演します!今回は、王妃に女神!劇団の在籍も長くなり、20年前のデビューは「乞食女」でしたので、あらま~、えらく出世したものです(笑)。

 第一部~第三部まで全部ご覧いただけますと、ものすご~く嬉しいですが、それはさすがに大変だと思います(汗)。そこで、第一部~第三部における、≪服部出演シーンの見どころ&お薦め≫をご紹介したいと思いますm(__)m


 【GREEKSご観劇の手引き】  この三部作は、単独でどの作品をご覧いただいても楽しめるように構成されています。

●第一部「戦争」
 トロイアへ向けて出航したギリシャ軍は、女神アルテミスの力によってアウリスに足止めされていた。女神は総大将アガメムノンの長女イピゲネイアを生贄に捧げることを要求。妻クリュタイムメストラ(服部)の必死の嘆願も振り切りその要求に応えようとするアガメムノン。イピゲネイア本人も遂には軍のために犠牲になることを決意する。

●第二部「殺人」
 アガメムノンが10年ぶりに帰還するが、かつて長女を生贄に殺された復讐として、風呂場で、クリュタイムメストラ(服部)に殺害される。
 夫殺害から7年、クリュタイムメストラ(服部)は、愛人アイギストスと暮らし、父を愛していた次女エレクトラは孤独と母への憎しみを募らせていた。そこにポーキスへ逃れていた長男オレステスが成長して帰ってくる。姉エレクトラと弟オレステスは手を組んで、母(服部)とその愛人を殺し、父の復讐を果たす。

●第三部「神々」
 アウリスで生贄にされたはずのイピゲネイアは、実は女神アルテミスに救われてタウリケで巫女になっていた。そこへ偶然訪れたオレステス。再会した姉弟は、女神アテナ(服部)の助けを得て逃亡し、自由の身となる。一族への呪いはついに終わり、人々は平和を喜び合う。

★第一部~第三部のあらすじはWikipediaを参照しました

★3本のうち、どれか1つをお薦めするとなると…というか個人的にぜひ、ご覧いただきたいのは、第二部の「殺人」でしょうか。実の子供たちによる、母殺しのシーンでは、けれん味たっぷりに楽しく殺されますので(笑)、どうぞご安心下さいね。 

 長いご案内文になってしまい恐縮です。三部作ということで、ついつい力が入ってしまいました! ぜひぜひ、ご覧いただきたく思いますので、ご都合がつくようでしたら…観にいらしてくださいね。
 
 実は、稽古場兼劇場の、「Pit 昴」は地下にあり、服部幸子の携帯、電波良くないのです。すみません!ご予約は、グリークス専用チケットコール080-3398-8917が一番確実です。その際、必ず、「服部扱いで」と一言添えてくださいませ。また、公演本番中は、朝から劇場入りし、夜までほぼ、電話がとれないのです。急なキャンセルなどは、必ず、チケットコールまでご連絡下さい。宜しくお願い致しますm(__)m  皆様のご来場を心よりお待ちしておりますm(__)m
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0